高齢者運転免許ドック

最近、高齢者が運転する交通事故が多発し、死亡事故被害者も多く出て社会問題になっています。被害に遭われた方や家族の辛さ、やるせなさは計り知れないものがあります。また高齢者加害当事者も重い罪を償うことになります。従ってこの不幸を回避するために高齢運転者の認知機能、判断力などを正確に判断し、運転可能かを医師が適切に評価することが大切です。一方去年75歳以上の高齢者で加害死亡事故を起こした414人のうち、国が定めた免許更新時試験で認知症なし群で50%、認知力低下あるも更新できた群の47%で加害死亡事故を起こしている現実があります。

そしてその多くが運転操作ミスや認識判断力低下から生じているのです。

つまり国で定めた更新基準は決して満足なものとはいえません。

当院では65歳以上の高齢者で運転される方は現状の身体機能、判断力、注意力、認識力検査をお受けいただいて、自分は本当に安全に運転可能か、過信していないか確認すること、交通事故加害者にならないためこの運転免許更新脳ドックを受けていただくことをお勧めします。ご本人は勿論、御家族からの申し込みもお受けします。

 

         脳ドック内容:1)脳MRI/A~ 脳組織と血管系検査 

                  VSRASD法(海馬など萎縮度検査)

                 2)簡易身体機能テスト

                 3)認知機能、判断力脳機能テスト

                 4)総合評価と面談(後日)

 

         検査費用:28000円(消費税込) ※自由診療

               施行日:木~土曜日(午後13~17時)

               (検査時間 約1時間30分)

 

        医師の都合により実施出来ない日もあります

        御予約は当院へお電話してお取りください