再生医療(PRP・APS治療)についてQ&Aでお答えします

 

 

Q:再生医療は健康保険が使用できますか?

A:注射を打つ日は、自由診療となり自費になります。

 

Q:PRP・APS治療とはどのようなものですか

A:いままでは、ヒアルロン酸の注射や湿布、痛み止めを飲むなど治療していた方で効果が表れていない方は手術治療しかありませんでしたが、その中間の治療として組織を修復してくれる治療法が再生医療であるPRP・APS治療です。手術をしたくない、ヒアルロン酸注射などは効かないという方には一度試してもいいかもしれません。

 

Q:コースの違いはなんですか

A:APS治療は、論文にも報告があり長い人で3年間ぐらいは効果が持続するといわれています。PRP治療に関しては、基本コースと難治性コースに分けて白血球の濃度によって分けています。他院との違いは、優しい注射のコースを設定しており、初めてやる方にも利用しやすくしております。

 

Q:注射を途中でキャンセルすることはできますか?

A:感染症などが分かった場合を除きキャンセルをすると自費を頂きます。

 

Q:注射の効果には違いがありますか

A:効果には個人差がありますが、論文などでの報告では、APS治療をおこなうと3年間は効果が持続したということが言われています。

 

Q:前田病院では他院とどのような違いがありますか

A:当院は、厚生労働省指定の再生医療認可施設です。また、再生医療学会に所属し保険にも加入しております。私どもでは診察、検査をしっかりおこない、患者さんと一緒に丁寧に説明することを心がけています。また、注射を打った後も定期的に通院をしていただきながら経過を診ていくようにしています。注射後は理学療法士によるリハビリテーションや薬物治療も取り入れながら改善をはかります。

 

Q:PRP、APSの治療では副作用は出ますか

A:治療の効果で痛みを伴う方がいますが、その他に重篤な副作用は報告されていません。

 

Q:実際に治療するにはどうしたらいいですか

A:一般の整形外科外来でご相談いただくか、PRP治療の専門外来:木曜日の外来か日曜日不定期(骨粗鬆症・痛み外来)で予約をお取りください。

 

Q:紹介状は必要ですか

A:ご自身で今までの経過などご説明できるようであれば特段必要がありません

 

Q:ご高齢の方で患者本人だけの受診は可能ですか

A:ご家族が自費治療に対して理解を得て、ご了承を得ていることが条件となります。できるだけご家族と一緒に診察には受診下さい。

 

Q:返金はできますか

A:業者に依頼しますので一切できません。

 

Q:検査はどのようなものをしますか

A:MRI、レントゲン、CTなどの画像検査 アンケートなどがあります。検査の日は健康保険が使用できます。

 

Q:他院の整形外科などで通院していても前田病院で通院できますか

A:もちろん可能です。ただ、治療をどちらかの病院で統一していただく必要があります。

 

Q:相談だけでも受診していいですか

A:受診してください。相談料などのお金はとりませんので安心してください。但し診察代は一般の外来ですので発生します。

 

Q:費用はどのくらいですか

A:私どもは、より多くの方に治療をしていただけるように注射のコスト代ぎりぎりで価格を設定しています。治療費は決して安いものではありませんのでよく考えてから治療してください。

詳細に関してはPRP・APS治療のページをご覧ください。